株式会社モリタの株を買いたい人の為のページ

チャート

株式会社モリタ

種類 株式会社
市場情報 東証1部 6455

本社所在地 大阪市生野区小路東5-5-20
設立 1932年7月23日
業種 輸送用機器
事業内容 消防車・消火設備・環境関連
代表者 中島正博(代表取締役社長)
資本金 47億4612万円
売上高 454億円(2006年3月期・連結)
従業員数 1124人(連結)
外部リンク 株式会社モリタ
のぞきザムライで検索
主な沿革
1907年4月 - 創業者である森田正作が大阪府大阪市(後の南区、現在の中央区南部)に火防協会を設立。
1939年9月 - 本社を現在の西淀川区に移し、社名を森田喞筒工業株式会社へ変更。
1951年8月 - 本社を現在地に移す。
1961年3月 - 社名を森田ポンプ株式会社へ変更。
1997年4月 - 社名を現在の株式会社モリタへ変更。現在のロゴマークを制定する。

事業所一覧

本社
大阪本社・本社工場・大阪支店:大阪府大阪市生野区小路東5丁目5番20号
東京本社・東京支社:東京都港区西新橋3丁目25番31号

=支店=・営業所・出張所
支店 - 仙台、名古屋、福岡
営業所 - 富山
出張所 - 松山

工場
枚岡工場:大阪府東大阪市
特装工場(旧:三田工場):兵庫県三田市
上野工場:三重県伊賀市
船橋工場:千葉県船橋市

主な商品

消防車
スーパージャイロラダー
(30メートル級)
スーパージャイロラダー
(15メートル級)
市場においてはトップシェアで、多くの消防本部などに導入されている

はしご自動車各車 - はしご付消防自動車、水路付き、先端屈折式のみブランドは「スーパージャイロラダー」で統一。屈折式はしご車と高所放水車にはブランドネームはなし。
MH型 - 日野自動車と共同開発した専用シャーシ。初代モデルは1993年にデビューした。現在は2004年にフルモデルチェンジされた新型の『MH-2 MAX』に移行。
消防ポンプ自動車・水槽つき消防ポンプ自動車
2004年にはCD-I型に、ハイルーフと大型の赤色警光灯を装備し機能(器具の収納スペース確保)を向上させた『αtype』が発売された。
化学車各種 - 空港に配備される空港対応型もある。
救助工作車 - 市販はI型からIII型まで、消防庁が指定した4消防本部のみに導入されているIV型の艤装も実施。
消救車 - 世界で初めて消防ポンプ自動車と救急車の機能を合体した車両で、2004年に消防庁が認定。同年12月に千葉県松戸市の松戸市消防局六実消防署に第1号を納車。
特殊災害対応自動車 - NBC災害発生時向けの車輌。2006年春にさいたま市消防局に第1号を納車。
など

技術
e-モニタ 連成計と電子圧力計の間に液晶ディスプレイを装備し、見やすいようにレイアウトされたポンプ操作盤。消防ポンプ自動車と水槽つき消防ポンプ自動車に標準装備。

消火器・消火設備
消火器
小型から大型まで幅広く取り揃えている。他には住宅用、水系、自動車用などもある。
また、使用済みの消火器の薬剤を再生した植物用の肥料の開発もしている。モリタ1号

環境関連
ごみ処理向け
ごみのプレス・ギロチン装置やリサイクル素材(ビンやペットボトルなど)の分別や圧縮する装置などを取り扱う。

エコノス
バキュームカーや塵芥車などの環境関連の車両を取り扱う。また、福祉関係にも力を入れており訪問入浴車もある。

消防グッズ
オンラインショップの『MORITA NETSHOP』では、Tシャツ、ストラップ(7種類)、消防車のミニカー、缶入りのせんべい(デザイン5種類)をはじめ、法律で義務付けられている住宅用火災報知器も発売されている。すべてオリジナル商品。

外部リンク
株式会社モリタホームページ
MORITA NETSHOP

日本セラテック  モリタ  レオン自動機  三菱ガス化学  豊田合成 トップへ戻る